31 Oct 2013

ラーメン池田屋 京都一乗寺店

前回からのつづき。
大阪から今度は京都に移動した二階堂。


まずは激安ホテルにチェックイン。
入室するやいなや、背負ったリュックも降ろさずに有料アダルト放送の確認を始める。


・・・などという事をしている場合では無い。
「一乗寺ってラーメン激戦区なんだよ。若者いっぱい居るし」
京都に住む友人の話を思い出し、一乗寺まで来てみた。


激戦区だか何だか分からんが、とにかく二郎っぽいラーメンを食べよう。
そう思った僕は、夜の開店と同時に「ラーメン荘 夢を語れ」に到着。
すでに中は満席で外に10人くらいの待ち客。


本当に疲れていたので並ぶのは諦めた。
「夢を語れ」から徒歩1分、ちょっと遅れて開店した「ラーメン池田屋」に入店。


 豚が入ると急激に高く感じる価格設定。豚、そんな凄いの・・・?


店主さんは気さくな感じで、
常連らしきお客さんと岡山県にある二郎インスパイアの話をしている。


 そしてラーメン小ニンニクカラメがやって来た。
ん・・・?豚が、豚が焼いてあるぞ!スゲェ!超うまそう!


 などと白々しく驚いてみせたが、すでにインターネッツで予習済みだ。
ちらうら!さんという、関西の二郎系をひたすら食べているブログを参考にさせて頂いた。


 いやこれね、むちゃくちゃうまいわ。
タレと豚の旨味が焼くことによってギューっと濃縮されている。脂身が極甘。
「米だ!米持ってこい!」と心の奥底から叫びたくなるもの。


 味はカラメにして正解だったな。このくらいの塩分濃度が今の僕にはちょうどいい。
綺麗に整った形の麺はやや厚め。外側はムチっと中はモソな食感。


焼き豚が入ったせいか、スープが一段と香ばしくなってて超うまい。
これリゾットにして食べたいわー。ごちそうさまでした。


せっかくここまで来たんだから「夢を語れ」でも食べてこうと思ったんだけど、
さらに行列増えててもう体力の限界だった。無念。2日目につづく。


住所 京都府京都市左京区高野玉岡町33-9
電話番号
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木
最寄り駅 一乗寺駅
駐車場 なし
Webサイト https://twitter.com/ikedayakyoto

29 Oct 2013

IL SOLE TEN-3

真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する

前回からのつづき。
イルソーレロッソを後にした僕は、今度は天神橋筋商店街へとやって来た。
全長2.6km、日本一長い商店街として知られている。


突っ込みどころ満載のディープスポットなんだけど、書いてたらキリがないので割愛。
その三丁目にある「ピッツェリア・イルソーレTEN-3(テンサン)」に到着した。


2013年の今年、認定店となったTEN-3。
プルチネッラの看板、及び認定番号はまだ無い。授与式はそろそろかな。


やたらと細長い店内は満席。さすがですなぁ。
ここの店員さんも接客が良い感じだった。


 価格はイルソーレロッソより安い設定のようだ。これはありがたい。


うっ・・・。そうだった。またサラダを食べなくてはいけないのか。
まぁ普段野菜なんて食べないから丁度いい。モシャモシャ。


 貧乏人が一流のピッツァを食べ歩く、シリーズ「真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する」
25枚目は大阪市北区「イルソーレTEN-3」のマルゲリータ980円。


カリッとモチっと素晴らしい食感のコルニチョーネ。
そしてこのビジュアル。うぉぉおおおおおおおおおおお!これだぁ!


サイズはイルソーレロッソと同じかな。ちょっと小ぶり。
酸味控えめなサルサポモドーロにたっぷりチーズ。生地は絶妙な塩加減。
ここのピッツァやばいわー。


ナポリピッツァもラーメン二郎と同様、
目の前に出てきたら無言で一気に食べるのが粋なマナーなんですってよ。
おかげ様で口の中がベロベロですけど。


またもやエスプレッソでフィニッシュ!どうもごちそうさまでした。


その後は直ちに京都入り。


お腹が空いたので一乗寺まで来てみたが、疲れで体がクッタクタ。
でも移動してる以外は喰い続けてやる!・・・誰得やねん、これ。つづく。

これまでの費用:126,170円


住所 大阪府大阪市北区天神橋3-5-16
電話番号 06-6809-2767
営業時間 11:30~14:30LO 17:30~21:30LO
定休日 なし
最寄り駅 扇町駅 南森町駅
駐車場 なし
Webサイト http://www.ilsole.jp/

28 Oct 2013

IL SOLE ROSSO

真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する

前回からのつづき。特盛りのステーキ丼を食べた後は、
心斎橋にある「ピッツェリア・リストランテ・イルソーレロッソ」へと直行した。


ここは世界で242番目となる真のナポリピッツァ協会認定店。
場所は心斎橋商店街のフォリフォリから2つ隣のビル2階にある。


ランチの予約は11:30~12:00の30分間だけ可能という、ちょっと変わったシステム。
ルンペン風な身なりの僕にも関わらず、店員さんの接客は非常によかった。


ピッツァランチに付いてくる新鮮お野菜サラダ。
粒マスタードとお酢のドレッシングで酸っぱさを演出。


シリーズ「真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する」
24枚目は大阪市中央区「イルソーレロッソ」のマルゲリータ1200円。


 手元にある「真のナポリピッツァ技術教本」によると、こちらの生地は1玉180gとのこと。
ふむふむ、確かに小さめだ。でもめっちゃモチモチしててうまい。


あーっと、あまりのうまさに一瞬で無くなったー!これはなんてことだ!
・・・などという三文芝居はさておき、横を見るとイケてるメンズが1人で食べている。


 この彼、パスタを食べた後にピッツァも注文してたんだけど、
ピッツァの途中で手が止まって苦しそうにしてたのがちょっと心配。
僕は淹れたて激熱のエスプレッソをグビッと一気に飲み込み、席を立った。


どうもごちそうさまでした。
さあ次は、本日3軒目となる「イルソーレTEN-3(テンサン)」だー!つづく。

これまでの費用:124,960円


住所 大阪府大阪市中央区心斎橋1-4-14
電話番号 06-6251-5132
営業時間 11:30~14:30LO 17:30~21:00LO
定休日 なし
最寄り駅 心斎橋駅
駐車場 なし
Webサイト http://www.ilsole.jp/

27 Oct 2013

ステーキ・ハンバーグのタケル 西中島店

おいしいステーキ丼を食べよう

どうもこんばんは二階堂達也です。


今回やって来たのは、近そうでまだ遠い大阪。恋しくて憎らしい大阪。


台風27号の影響で雨が降る中、まず一軒目。
ステーキ・ハンバーグのタケル 西中島店!


開店と同時に入店!


ここ、タケルは肉のお替りが出来たりする面白いお店。
もちろんご飯なら無料でお替り自由だ。


 僕が注文したのは、数量限定メニューである「特盛1kgステーキ丼スープ付き」900円。


牛肉マシマシなビジュアルのトップには、あっさりした醤油だれの玉ねぎと大葉。


肉は厚みがあり、いささか歯応えを感じるものが20切れほど。
味付けは薄めで牛のうま味をダイレクトに感じることが出来る。


下には炒めたもやしと玉ねぎが敷いてあり、その中には2合ほどのご飯。
全体的に少し温度が低いのが気になったが、900円ならば納得のレベルだろう。


完食。普通に美味しかった。トータル1kgとの事でペロリですわ。
さあ、時間がないので早速次のお店へと移動しよう。ごちそうさまでした。


15分後、心斎橋にある「イルソーレロッソ」に到着した。
ステーキの後にナポリピッツァ。最高だわぁ。つづく。


住所 大阪府大阪市淀川区西中島4-5-27
電話番号 06-6886-2929
営業時間 11:00~14:45LO 17:30~22:30LO
定休日 なし
最寄り駅 西中島南方駅
駐車場 なし
Webサイト http://steak-takeru.jp/

Blog Archive