豚星。

 最終回:「さらば豚星!また逢う日まで」


ラーメン二郎 神田神保町店

 ちょっと更新サボり気味なので、10日間ほど現実世界とのギャップが生じております。


ライスカレー まんてん

タブレットでエロ動画を見まくってたら、突然画面が真っ暗に。必死の救命措置も虚しくそのまま荼毘に付される事となったので、秋葉原へ買い出しついでにまんてんのカレーを食べに行った。


「すみません、全乗せくださ   

(食い気味に)「混んでる時間はやってないんだよね」

訪れたのは午後2時。隣は空席だった。


「それじゃぁ、カツカレーの大盛りで」

「カツカレーの大盛りね」

出てきたのは普通盛りのカツカレーだった。


とはいえ、「これ大盛りじゃないんですけど?」なんて野暮なことは言わない。曲がるボールが飛んできたら、それに合わせてバットを振ればいい。こういう時こそ流れに身を任せるのが僕の人生の楽しみ方だ。



挽肉たっぷりのルーにザクザクした食感のトンカツ。うっかりしてると口の中切っちゃうくらい堅い衣は相変わらず。硬度は煎餅並みである意味凶器。だがこれがいい。


ペロリと完食。よーし、お次は神保町の二郎で連食しちゃいますかぁ。※見た目が悪いので画像は加工してあります。


住所 東京都千代田区神田神保町1-54
電話番号 03-3291-3274
営業時間 11:00~20:00 土11:00~16:00
定休日 日・祝
最寄り駅 神保町駅
駐車場 なし
Webサイト

ラーメン二郎 茨城守谷店

開店一時間前から並んで食べる守谷二郎。

巷ではフォーミュラカーレースの先頭になぞらえて、ポールポジション、PPなどと言われているこの位置取り。やる気は十分だ。


麺屋 桐龍

「今月もそろそろ終わりだけど、職場の新年会はまだかな?」と思ってたら、知らぬ間に終わっていた二階堂達也ですどうもこんばんは。


青島食堂 秋葉原店

「ニカタツさん、秋葉原まで乗せてきますよ!」と、心優しき変態王子。

ということで、「豚星。」の後は「青島食堂」というお店にやって来た。飲食店としてはなかなか辺鄙な場所にあるようだが客足は途絶えない。


豚星。

 閉店一週間前の豚星。

「冷やし中華2015冬」なる限定メニューが売られていた、寒い日のことだった。


蒙古タンメン中本 目黒店

 まだ目黒に居たので夜ご飯を食べようと中本に向かった。


ラーメン二郎 目黒店

栃木から中一日あけてやって来た目黒の二郎。


ラーメン二郎 栃木街道店

1月8日は栃木の二郎。ここの常連さんに当日、しかも数時間前にいきなり声を掛けるも、「あ、行きますー」との返事。まるで待機でもしていたかの様な対応力に驚きつつ、食べたのは大ラーメン豚入りTARO+全マシ+ライス。


やよい食堂

1月5日は三田の二郎に行くつもりが、寝坊したのでやよい食堂と相成った。


ラーメン二郎 松戸駅前店

 2014年12月31日。一年を締めくくる大晦日は松戸の二郎に行った。


ラーメン二郎 茨城守谷店

2014年12月30日。年内最終営業日の守谷二郎。到着したのは20時頃で外まで行列。数はおよそ8名。40分並んで食べたのは大ラーメン豚入り+ヤサイニンニク。めっちゃうまかった。


スタミナラーメン 馬しゃ屋

前回からのつづき。守谷二郎の次は、つくばの「馬しゃ屋」に来た。


ラーメン二郎 茨城守谷店

またもや守谷の二郎にやって来た。

これは、昨年末で惜しまれつつも閉店した「馬しゃ屋」との連食の記録である。


ラーメン二郎 茨城守谷店

消化試合のような更新で申し訳ないんですけど守谷の二郎。


やよい食堂

 千葉県野田市のやよい食堂。


ラーメン二郎 亀戸店

2014年12月24日。ニカタツブログ初となるオフ会が開催されました。その名も、「クリスマスイブの夜に二郎を食べるオフ」

以前にも書きましたが当ブログの読者は、その8割が女子大生と人妻というデータがございまして、オフ会終了後には参加した一人の女性から「ラーメン二郎もいいけど・・・私も食べて!」などという事態になるのは火を見るよりも明らか。

「うぉおおお!ブログやってて良かった!」と、泣きながら亀戸二郎の前でガッツポーズする僕の姿が容易に想像できるのであります。

さて、当日は粗相のないように新品のボクサーブリーフをユニクロまで買いに行ったり、出発直前には歯茎から血が出るほど念入りに歯磨きしたりと万全の体制で意気揚々と現地に赴きました。


ラーメン二郎 茨城守谷店

 守谷二郎の入り口に置かれているペコちゃん人形。そのつぶらな瞳は一体何を見つめているのか。


ラーメン二郎 栃木街道店

旅を終えた僕が最初にやって来たのは栃木の二郎。やたら人の良さそうな常連さん2人と店の前で集合して食べた。


とんかつ五郎十

年も明け、今日が仕事始めだった人も多いことかと思いますが、いまだに去年の記録を平然とお送りしているニカタツBLOGですどうもこんばんは。

東海静岡グルメ旅もついに最終回。10軒目に訪れた「とんかつ五郎十」をご覧ください。


ナポリピッツァを食べた後は定番のデザート。

清水に来たらここのミンチカツか、巨大肉団子で知られる「らいみん押切店」でスウィートなお肉を頬張りたかったのよね。どちらか迷ってツイッターで多数決取ったら、圧倒的に五郎十だったわけ。ご協力に感謝いたします。


「ミンチカツの特大、お願いできますか?」

「いいよ。普通サイズの2個分、900グラムあるけど大丈夫?」


 お店の娘さんの微妙なタメ口がちょっと気になりながら注文した、特大ミンチカツ定食。1150円。


確かにでかい。でも画像だとねえ、残念ながら大きさがイマイチ伝わらないのよねぇ。


 持つのにも箸がプルプル。恐ろしいことに一切れ200グラム前後。重すぎてソースに付けるのが結構大変。厚みも凄くてかじりつくのにも一苦労だ。


それにしてもこのミンチカツ、とても丁寧に作られている。

衣が極薄ながらも最後まで剥がれず、サクサクの食感をキープ。中には粗挽き肉が玉ねぎと共にぎっしりと詰まってジューシー。見た目の迫力に負けないくらい味も確かだった。


おいしくてペロリと完食。ごちそうさまでした。

この後は国の名勝、三保の松原を散策して一路小田原へ。こうして3日間に渡る食べ歩きの旅は終わりを告げた。惜しむらくは、時間的な問題で富士宮焼きそばが食べられなかった事だろうか。


住所 静岡県静岡市清水区三保943-7
営業時間 11:00~13:30LO 17:00~20:00
定休日 月曜
駐車場 あり
Webサイト

L'APE

真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する

翌日はエスパルスとちびまる子ちゃんで有名な清水区までやって来た。

街の中心部から車でおよそ10分。建物の左半分は美容院という(壁で仕切られている)、面白い作りの「ピッツェリア・ラ・アペ」が今回の目的地だ。


石松 本店

2日目の宿泊予定地である浜松。

せっかく来たので宇都宮餃子のライバルとも言える浜松餃子を食べることにした。訪れたのは「石松」というお店。


Blog Archive